支払督促について無料相談できる窓口まとめ

支払督促無料相談

支払督促とは

 

毎日のようにテレビコマーシャルやインターネット、公共機関の乗り物内の広告でも、人気俳優やタレントなどを使って手軽にお金が借りられる情報がそこかしこに溢れていますが、あくまでも借金をするという認識は強く持ち利用すべきでしょう。基本的に人は収入に見合った生活をすべきですが、どうしてもピンチの時などは、保証人なども要らずにすぐにお金を用立てられるので、助かったという声もよく聞かれます。しかしそういったことを繰り返しているうちに、支払い能力を超えてしまい、毎月のように支払督促の書類が届くようになり、最悪な状態では複数から借り入れをし、いわゆる自転車操業に陥ってしまっている方も少なくはないようです。こういった状況になってしまうと、もはや健全な生活が送れなくなってしまっており、どこかで一度立ち止まって生活を立て直す必要があります。最近は弁護士による無料相談も広く浸透しているので、支払督促に神経をすり減らす日々を送っているのであれば、早い段階で相談に行きましょう。行政の無料相談もあり、まずは自分の収入と借金返済額、どれくらいの期間を返済しているかなど、支払督促状など様々な書面をもって専門家の判断を仰ぐことが大切です。無料相談ののち債務整理になりますが、どのような方法を取るかによっても費用がかかる場合と、払いすぎている金利ですべて賄える場合、逆にお金が返ってくる場合など様々なので、まずはすべての債務状況を把握できる情報をもって相談に行くことから始めましょう。

 

支払督促の無料相談

クレジットカードも複数枚所有していると、返済のためにもう一つのカードでキャッシングをしてしまい、結果として毎月の返済額がどんどん雪だるま式に増えていってしまうということが起こりえます。そして、返済ができない状態になれば、カード会社からは支払督促が来るようになります。
支払督促はほうっておけば逃げられるというわけでもありません。最悪の場合、実家はもちろん勤務先などにまで影響がおよぶ場合もあり、仕事に影響があれば、より返済ということから現実的には遠ざかってしまいます。こうなってしまう前に、専門家に無料相談をすることを強くお勧めします。
もちろん法律関係の専門家も慈善事業をしているわけではないので、無料相談といっても実際に依頼をし、処理をするようになれば有料のサービスです。しかし、もともとお金に困った状況の人を相手に商売をしているだけあって、利用料は後払いでいいですよというところもあります。
しかし、仮にそういったサービスが有料であっても、謝金返済の負担に比べれば遥かに安価であるということを認識いただきたいところです。支払督促は精神的にも苦しいですし、実際にその状況になれば、ほとんど普通に生活をしていく事は不可能に近いことなのです。無料相談からスタートして現状を変化させるしか手は無いのです。多くの法律事務所などでは相談は無料のところが多いのですが、その後のサービスの料金はそれぞれ違います。安価で質の良い法律事務所を見つける必要は意義があります。

 

支払督促無料相談ができるところ

消費者金融からお金を借りた経験はありませんか。銀行系の消費者金融もあり、昔に比べてお金が簡単に借りやすくなりました。コマーシャルや街頭広告で良く目にするので、若い人も借りている人が多いようです。借金の入り口が簡単になった分、返済に困っている人がたくさんいることをご存知でしょうか。最初、返済が滞りなく行われていても、ちょっとしたつまずきが、返済をストップしかねません。仕事を辞めたり、体調を崩したり、人生何が起こるかわかりません。お金は借りないに越したことはありません。しかし、それでも、支払いに困ったらどうすればいいでしょう。中にはそのまま放っておく人もいます。しかし、そのまま放っておくと、裁判所から支払督促が届く可能性があるのをご存知でしょうか。お金を借りるのにも時効があります。債権者から見ると、せっかくお金を貸したのに、返さない上に時効があって、お金の返済がなかったら踏んだり蹴ったりです。そこで、支払督促をして、時効を中断させます。債務者は、支払督促を放っておいてはいけません。支払督促が届いたら、まず、開封して書類を確認してください。異議申し立ての手続きなどを行う必要があります。手続きを取るにしても、法律に詳しくないと法律用語がわからずに不安になるでしょう。そこで、支払督促の無料相談を行っている弁護士や、NPOがたくさんあるので、ぜひ無料相談を利用しましょう。無料相談からまずはスタートさせましょう。

 

支払督促について無料相談できる窓口の無料診断ツール


⇒匿名で無料診断してみる
リンクX1_top1