支払督促について無料相談できる窓口まとめ

支払督促、無視するとどうなる?

結論から言うと、支払督促を無視し続けると
財産を差し押さえられます。
期限内に指定額を支払いましょう。

 

どうしても期限内に払えない時は、債務整理という方法があります。

 

債務整理とは

 

債務整理とはこのような方法の総称です。
いずれも弁護士への相談をおすすめします。

任意整理などで月々の負担を軽減できるようにする

自己破産によってこれまでの借金を一気に清算する

 

債務整理は最大の借金解決方法です。
債務整理を相談する場合は腕の良い弁護士に相談しましょう。

 

「差し押さえされてしまう前に債務整理の手続をしたい」
「自分はどんな債務整理をすればいい?」
「自分のケースに一番合う弁護士を探したい」

 

上記のように、債務整理についてわからないことがある場合はこの無料シミュレーターが便利です。
無料で、しかも匿名で、今の自分に必要な債務整理を診断してくれます。

⇒匿名で無料診断してみる

 

 

支払督促を無視すると

 

国民の三大義務をご存知でしょうか?勤労に義務・教育を受ける義務・納税の義務です。
この中でも納税の義務を故意に果たさない方や過失によって義務を果てしていない方の2つがあります。
しかし故意や過失でも納税の義務は果たさなければなりません。
その為に納税通知書が送付されてきます。

 

この通知書は各地方治自体によって発行される物です。
簡単に言うと税金を銀行で支払って下さいと言う事です。
この段階でほとんどの方が期限内に納付されていますが、ここで納付されない方は支払猶予期間が過ぎた段階で支払督促状が送付されます。
これにも期限が付されていますがこれを無視した場合はどうなるのでしょう。
支払督促状の猶予期間が過ぎても納付されないと2回目の支払督促状が送付されてきます。
内容は納付されない場合は行政執行される旨の記載がされています。執行期日も記載されています。

 

それでも支払督促を無視すると

 

これを無視した場合はどうなるかと言うと強制徴収される事になります。
財産の差し押さえです。その後換価処分されます。
これは公的競売にかけて差し押さえた物を金銭に換える事であり、納税分と滞納した分の利率分を行政が徴収し残価は滞納処分者に返還されます。
この徴収に異議がある場合は行政不服法にのっとり異議申し立て又は審査請求をすることができます。
つまり、納税を行わなで無視し続けるとどうなるか、お解りになったはずです。逃げ得は絶対にあり得ないと言う事です。
最初の納税通知の段階で納付していれば大事にならないと言う訳であります。

 


⇒匿名で無料診断してみる