支払督促について無料相談できる窓口まとめ

支払督促 不送達

どのような場面であっても、借金をしている方の場合では、支払期日までにしっかりと返済することが求められています。しかし、キャッシングなどを利用している方の中には、いわゆる法定利息を超えている返済額を求められているケースも見られます。一部の例外を除いて、正常な範囲での借金に関しては、返済できない方が存在している場合では、裁判所を通じて支払督促を行うことが可能とされています。正式な文書で相手側に送付することになり、支払督促によって今後の行動が大きく変わることになります。この点に関しては、そもそも支払督促を相手側が内容確認していることが前提となりますが、中には不送達として届けることができないケースも存在しています。例えば引越しなどを行ってしまい、現住所が変更されているケースや、自宅に居住していても受け取りを拒否したことによって不送達になるケースもあります。この対策としては支払う義務のある相手側が特定の住所で生活を送っていることを確認することが必要になり、間違いなく支払督促を受け取ってもらう方法で実施することが必要になります。弁護士などの専門家に任せることによって、比較的スムーズに行動をとることが可能になりますが、不送達を回避するためには、自宅などで電気メーターなどを調査したり、夜間に点灯する照明などをチェックする方法も用意されています。見事に支払督促を送付することができた場合では、借金を返済してもらうことを進めることができますが、その内容は常に法を順守することが大切になります。