支払督促について無料相談できる窓口まとめ

支払督促 差押 強制執行

何かしら借金がある方や水道代や電気代を滞納している方は一度は支払督促を受けたことがあるかもしれません。しかし、放っておくと差押が来て強制執行が行われ、部屋にある私物やお金など全て業者に持っていかれてしまいます。
そこで、支払督促を受けた後に差押と強制執行にならない為にどのような行動を取るべきか考えてみようと思います。まずは業者からの電話は100パーセント出ることが挙げられます。連絡を適宜返していくことで相手側の信用を得られることに繋がるからです。そして、業者が実際にやってきたら隠れるのではなく、実際に応じましょう。借金が続いて業者を前にすると恐怖感にさらされるのは分かりますが、逃げていては私物を持っていかれ生活が成り立たなくなってしまいます。少しずつ借金を返済していくよう頭の中で考えて、自分自身で努力することです。
しかし、支払督促を受けてもなお放置してやがて、部屋と私物を差し押さえられて強制執行させられる事態になったら、その際は自分の行動を反省し、業者による強制執行を受け入れましょう。そして、どうしても借金が返せない場合は国からの生活保護を受けて生活し、やがて少しでも開けていく方向性を見つけたらいち早く脱することを考えることです。
差押や強制執行にならないよう日頃から支払いの応対は徹底すること、今現在の借金額を常に把握し定期的に返済していけるよう計画を立てること、そして支払督促を受けないために余分な借金はしないことが日々の生活を安定させていくことに繋がります。