支払督促について無料相談できる窓口まとめ

支払督促 流れ

貸金業者などからお金を借り入れた場合に返済ができないと、金融業者から支払督促申立書という書類が届けられることになります。
手続きの流れとして、消費者金融などの貸金業者が申し立てを行うことで支払督促申立書が裁判所から自宅に送られます。
支払督促申立書が自宅に届けられてから14日以上経つと、仮執行宣言付きの書類が裁判所から届けられる流れとなります。
この書類は借金を認めたこととなり、判決が確定することで強制執行ができるようになる意味の書類となります。
これらの処分に異議を申し立てたときには、訴訟に移行することになります。
異議申し立てを行うことで訴状や、口頭弁論の期日呼び出し状、答弁書などの書類が裁判所から送られてきます。
それらの書類を提出することで裁判所において口頭弁論を行います。
法定での手続きについては、契約の事実についての確認などの内容となります。
口頭弁論が終わると借金についての分割払いの手続きや、支払い計画について貸金業者と話し合うことになります。
残った借金についての返済計画を考え直すなど、平和的に解決できる流れにすることが良いと言えます。
過去の借り入れや返済の取引において過払い金が発生しているなどの場合には、利息制限法で定められている法定利息に基づいて金利の引き直し計算を行って、再計算した借り入れの残高で返済計画を考えることになります。
和解交渉が成立したときには、司法委員が調書を作成して交渉が成立します。